2008年06月04日

メディアによる プロ選手に対しての品格ニュース

1日、第75回日本ダービーで

1番人気のディープスカイに騎乗

大外から脅威の15頭抜きで史上2人目の

「ダービー連覇」を果たした四位洋文騎手。

しかし、快挙を遂げた四位が

レース後のインタビューで観客に対し

暴言を吐いたことで大きな波紋をよんでいる。

コース脇の観客席のすぐ前で行われたインタビュー。

大勢の記者やカメラが四位の周りを囲み

これに笑顔で受け答えしていた四位は

突然観客席の方を睨み付け

「うるせえよ!おいっ」と声を荒げた。

観客の野次にキレた四位だったが

その後は、何も無かったかのように話しを続けるも

TVで生中継をしている中での出来事。

この“キレた瞬間”は思いっきり全国へと流れてしまった。

四位が、どのようなヤジでキレたのか

2日経った今も

多くのネット掲示板を中心に議論をよんでいる。

しかも、JRA公式HPにアップされたインタビューでは

“キレた瞬間”が削除され、わからないよう見事に

編集されていることも、この騒ぎを加速させている。

それだけではない。

先月、プロ野球でも同様の事件が起こった。

5月24日のソフトバンク対阪神戦(ヤフードーム)で

勝利を挙げた阪神・赤星憲広外野手が

ヒーローインタビュー中

観客の「大きい声でしゃべれや!聞こえねえぞ!」

というヤジに対し

「(マイクは)入ってないんや!この野郎!」

と同じく“キレた瞬間”が全国にオンエア。

ファンの間で物議を醸した。

野次った観客の観戦マナーもさることながら

プロとしてのマナーが疑問視されてしまった

四位と赤星の言動。

何かと品格が問われる現代で

プロもファンもそれぞれの品格を

もう一度考え直さなければならない。

最近こんなニュースが多いなぁ

品格

辞書を引くと

その物から感じられるおごそかさ。品位。

うーん

おごそかさ・・・・・

アスリート

ファン

品格ねぇ

マナーだよなぁ

何でもかんでも 

品格の言葉使うのもどうかと・・・

報道する側にもねぇ

ラベル:NEWS
posted by 赤ちょうちん at 09:40| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。