2008年04月28日

共有賃貸物件の家賃収入の税金!?

 夫婦共有名義で購入した新築分譲マンションの一室を

家具付きで賃貸に出したいと思います。

事業主はどちらにしてもよいと聞きましたが

夫と私のどちらにする方が税金面で得でしょうか。

夫はサラリーマンで年収は700万弱。

私は専業主婦で、今は夫の扶養家族です。

家賃収入は、管理会社への支払いを差し引いて

年間100万〜150万円ほどになる予定です。

(A.A 40 大阪府)
A.
共有名義のマンションの一室を賃貸した際の収入は

共有の持ち分に応じて配分するのが原則です

ご質問のようなケースで、例えば、

A.Aさんだけの収入にすると

ご主人様の持ち分に対応する収入をA.Aさんに

贈与したとみなされ、

その金額が贈与税の基礎控除である

110万円を超える場合などには

贈与税が課税されることになります。

その点は、留意しておいた方がよいでしょう。

次に、税金について考える上では

所得税の仕組みを理解しておく必要があります。

所得税の「所得」とは、簡単にいうと私たちが

色々な形で手にする収入から経費などを差し引いた利益のことです。

サラリーマンの収入は給与所得

商売等事業による収入は事業所得というように

10種類に分類されます。

ご質問のケースのようなマンションを賃貸して得た

家賃収入等は、「不動産所得」として扱われ

家賃収入等そのものではなく、「家賃収入等」から

色々な「必要経費」を差し引いて計算されます。

この「必要経費」に算入できるものとしては

実際に支出を伴う固定資産税・都市計画税等の税金

火災保険料、管理費、維持修繕費やローンの利子
(ローンを利用している場合)や

減価償却費(≒建物の価値の減少分。実際の支出を伴わない)

などがあります。

減価償却費の詳細については、

国税庁のホームページ(http://www.nta.go.jp/

をご参照ください。

この不動産所得がいくらぐらいになるのかを

確認した方がよいでしょう。仮に

ご主人に家賃収入を配分する場合

この不動産所得が黒字であれば

ご主人の税金の負担はその分、多くなります。

一方、A.Aさんに家賃収入を配分する場合

この不動産所得が38万円以下(他に所得がない場合)であれば

ご主人の所得の計算上

現状どおり「配偶者控除」を適用させることができますし

A.Aさん自身に税金(所得税・住民税)はかかりません。

この問題はええ問題で

おいらもお客さんに共有で持っているんだが

借入も収入も一人で現職の税理士が確定申告してます

どうなっているのか???

贈与にあたいするよなぁ

疑問???
ラベル:税金
posted by 赤ちょうちん at 19:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。