2008年04月27日

株式上場 親子上場の問題

東京証券取引所は

親会社と子会社がともに上場している場合

子会社に対して上場の必要性を

投資家に説明するよう求める。

支配株主以外の

少数株主の利益が損なわれるのを防ぐとともに

上場子会社の経営の独立性と透明性を高める狙い。

東証は昨年、親会社を持つ企業の上場は

「市場関係者にとって必ずしも
望ましい資本政策とは言い切れない」

との見解を公表した。

親子上場の禁止にまでは踏み込まないものの

親会社に有利な取引や施策により

子会社の少数株主が不当な扱いを受けないように

対応策を検討してきた。

どうなんだろう??

上場する事の目的や方法

企業としての秩序は法ではしばれない

今一度

株式上場との意味を・・・・

なんだか間違っているような気がする

最近の企業と株式

ラベル: 日記
posted by 赤ちょうちん at 17:18| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。