2015年05月03日

何様?

大江健三郎氏は言う
安保に賛同した覚えは無い

我々国民は

と説く

はて?

大江健三郎氏はいつ国民にとうたのか

そう軽々しく

国民と言う言葉を使ってほしくない

賛同している人々もいるのです

中国の脅威に対抗する手立てを

することは

指導者として当然ではないか

批判はいい

しかし国民と言う言葉を使ってほしくない

それだけは願いたい
posted by 赤ちょうちん at 21:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック