2007年02月05日

メルマガ第13号

■」■」相続________________

   体験から生まれた相続
       事前に知っていれば・・・・・
   税理士さんも教えてくれない心構えと対策
      
http://akatyoutin.seesaa.net/

■」■」第13号______________________2007.2.5

相続体験 営業編 その9

困難な判断の繰り返しの日々。
毎日毎日が故お父さん家の将来を決定していく。

家長の自覚の芽生え
ケースバイケースでの的確な数字の判断
母親と姉妹での分割割合での相続税比率
各個人の収入割合・各個人の支出割合
各個人の相続税割合
各個人の事業開始後の所得税割合(法人含める)
総合的数字が的確に出てくる。

税理士さんとの会話が自然と多くなる
専門用語に戸惑いながら判断していく。

我々は税理士さんと家長の
パイプ役としてフォローしていった。

税理士さんの思い
故お父さん家の事情が交差する。

故お父さん家の事情を考慮した申告時の相続税額。
税理士が出した申告時の相続税額。

かなりの差額が発生する。

簡単に言うと

母親に資産の1/2いくと税金は
配偶者控除が適応される。

娘3人には1人控除は1000万円の控除しかない。

この事を適応することによって税額は下がる。

故お父さん家の事情は
現在の全体資産計画の資産増加それによる
借財の増加
収入増加等による

母親時の相続を考慮しなければいけなかった。

相続申告には答えはひとつではない

正解はないのだ。

故お父さん家の状況
将来の展望を判断して相続申告する。

判断の決め手は個々の資産割合と
収入・支出・税額・割合母親時の
相続時期と相続税額の予測数字で
判断しなければいけなかった。

冷酷までの数字が家長の判断材料になる。
その判断が試練を乗り越える自信にもなっていった。


資産運用はViStory




本日はここまで〜
最後までお付合いありがとう


地主さん 

今後の相続対策の是非参考にして下さい

営業の皆さん
資産活用の営業に参考にして頂ければ幸いです


不動産投資スタートガイド




■」■」_______________________


相続 体験から生まれた相続
  事前に知っていれば
   税理士さんも教えてくれない心構えと対策
メルマガ登録・解除→

URL:http://akatyoutin.seesaa.net/
編集者:赤ちょうちん
E−Mail:a-moriwaki@galaxy.ocn.ne.jp

_______________________■」■」


下記ランキングに注目したく思います

出来ましたら、応援ポッチ (ちょい使わせて頂きました)わーい(嬉しい顔)

お好きな所に 応援ポッチ 願いまーす







ブログランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ






ご協力誠にありがとうございます

またのご訪問心よりお待ちしています

みなさまに幸あれ



posted by 赤ちょうちん at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

税金をカード支払えたらポイントがたまる
Excerpt: 税金をカード支払えたらポイントがたまる
Weblog: ITニュースウォッチャー
Tracked: 2007-02-05 21:49

明治維新の裏で働いていた力とは・・・
Excerpt: トラックバックありがとうございます!
Weblog: 内容なぁーい
Tracked: 2007-03-07 23:01
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。