2008年10月27日

安心して産める社会に・・・・

東京都内で8つの病院に救急搬送を断られた

妊婦(36)が脳内出血で死亡した問題で

夫の会社員男性(36)が27日夜

厚生労働省で記者会見し

「妻が浮き彫りにしてくれた問題を

力を合わせて改善してほしい。

安心して赤ちゃんを産める

社会になることを願っている」と訴えた。

夫によると、妊婦特有の高血圧もなく健康だった

妻の容体が変わったのは4日夕。

掛かり付けの産科医院に着くころには

頭痛が激しくなり

医師が搬送先を探している間中

「痛い痛い」と言い続けていた。

「こんなに医療が発展している

東京でどうして受け入れてもらえないのか

やりきれない思いだった」

約1時間後、都立墨東病院での受け入れが決定。

救急車では「痛い」とも言わなくなり

「目を開けろ」と言ったら辛うじて開ける状態。

「病院に着くころにはもう開けなかった」と振り返り

声を詰まらせた。

搬送要請で

医師は頭痛が尋常でない状況を伝えていたといい

「伝わらないはずがないと思うが、誰も責める気はない」と夫。

最初に断った同病院の当直医について

「傷ついて辞めるようなことになったら意味がない。

絶対辞めないでほしい」と話した。

さらに脳死状態で3日間を過ごした妻が亡くなる日

保育器に入ったままの赤ちゃんを連れてきて

妻の腕に抱かせてくれて

親子水入らずの短い時を過ごしたエピソードを披露。

「墨東病院の医師も看護師も本当に良くしてくれた。

彼らが傷つかないようにしてほしい」とした。

夫は、医師不足や搬送システムなど浮き彫りになった

問題について「のど元過ぎれば忘れるのではなく

具体的な目標を持って改善に向かってほしい。

何かが変われば

『これを変えたのはおまえのお母さんだよ』と

子供に言ってあげたい」と話した。

27日時事ドットコムより参考

なんとも痛ましい出来事

おいらも人の親

妻の出産時には仕事で立ち会えなかった

とにかく母子が健康でいてほしい

その事ばかりを思っていた

命がけで出産してくれた妻に感謝

男には出来ない

お医者さんも確かに一生懸命対応している

この旦那さんには頭が下がる

誰を責めるのじゃなく

改善してほしいと訴えている

最近のマスコミはとにかく誰かを責めまくっている

追及じゃなく

せめて

追求に改善してほしい

世論に訴えていく報道なら尚更

改善に導いていける報道に改善してほしい





posted by 赤ちょうちん at 23:30| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
天漢日乗: 東京でも産科崩壊の危機 都立墨東病院産科来春閉鎖or周産期医療センター機能停止か?
iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2006/12/or_804c.html
東京で子供が産めなくなる日(その2) - うろうろドクター - Yahoo!ブログ
blogs.yahoo.co.jp/taddy442000/16924024.html

…今回の「東京陥落」よりずっと前から、墨東病院を始めとした東京の救急はSOSを出していたんですよね…。

マスコミ、役人、その他、「医療の事なんて俺らには関係ねえよ」という人間が、そのSOSを聞かなかったために「東京陥落」が起きた。

そして今でもなお「医者のモラルの問題」とか「全国各地で救急搬送を拒否した病院は患者を捨てた」とか言う人間が跋扈する事実…。(「医師は応酬義務を果たしていない」と味方を後ろから撃つ人間までいるし…。)

いつになったら、医療に無理解な人間による「医師叩き」「病院叩き」が無くなるのでしょうかね…。
Posted by 都筑てんが at 2009年08月07日 03:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108705190
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック