2008年06月13日

有価証券報告虚偽記載、ライブドアに95億円賠償命令判決

ライブドアによる

有価証券報告書の虚偽記載事件で株価が暴落し

多大な損害を受けたとして

同社株を保有していた日本生命保険と信託銀行5行が

ライブドアホールディングス(旧ライブドア)を相手取り

計約108億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が13日

東京地裁であった。

Click here to find out more!

阿部潤裁判長は、約95億4000万円の賠償を命じた。

2004年に証券取引法(現・金融商品取引法)

が改正され、有価証券報告書の虚偽記載で株主が

損害を受けた場合は

虚偽記載が公表された日(公表日)を

基準にして損害を推定計算できる規定が加わった。

今回の判決は

この新規定を適用して会社側の賠償責任を認めた

初の司法判断で、個人株主ら3300人以上が

旧ライブドア側に賠償を求めた

集団訴訟の行方にも影響を与えそうだ。

前例にない判決 そうなると

カネボウなどの案件はどうなるんだ??

出る杭は打たれる っていうやつで

ライブドアだけにこう言う判決が出る

株自体の本質は利益優先になっている昨今

本来の本質に株主はならなければいけないし

法の整備も整えなければ

法律の網の目を潜ってくるのは違法ではないんだから

ある意味ライブドアだけの責任ではないと思う

ラベル:NEWS
posted by 赤ちょうちん at 16:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。